BLOG

ここに説明を入力します。
ここに説明を入力します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 旅行・遊び
  4. 赤ちゃんを連れて初めての旅行!ホテル選びのコツと注意点

赤ちゃんを連れて初めての旅行!ホテル選びのコツと注意点

ブログランキング・にほんブログ村へ 子育てパパランキング

赤ちゃんを連れての旅行は、楽しい思い出を作るための素晴らしい機会ですが、宿選びは非常に重要な要素です。

赤ちゃんと一緒に快適な滞在を過ごすために、以下のコツと注意点を考慮してください

 

 

子供連れに優しい宿を予約する

赤ちゃんと一緒に宿泊する場合、ファミリーフレンドリーな宿を予約することが重要です。

このような宿は、赤ちゃん向けの設備やサービスを提供しています。

例えば、ベビーベッド、ベビーバスタブ、おむつ交換台、離乳食用の調理設備などが用意されています。

また、赤ちゃんが泣いても周囲に気を使わなくて済むよう、他の客室と離れた場所にあることも理想的ですが、ホテルや旅館などは部屋が隣接しているのでそこまで気にしなくても良いと思います。

子供も夜中まで騒いでいたら注意が入るかもしれませんが、基本的にはよく寝てくれることが多いので、夜の騒音に関しては心配したことはありませんでしたね。

ただ、子供連れ歓迎!などの宿泊施設では、基本的には子供が多く宿泊していますので、子供のいない静かなところで過ごしたいとお考えの方は、きっとそのような落ち着いた旅館などをお選びになられているのだと感じました!

 

安全面を確認する

赤ちゃんが安全に過ごせる宿を選ぶことも重要です。宿の安全設備や対策について確認しましょう。

宿泊施設なら基本的なものにはなりますが、火災報知器や防犯カメラの設置、ベビーゲートの設置など、赤ちゃんの安全を確保するための対策がされているかをチェックしましょう。

子供がいる分、何かあった時にいち早く行動ができるよう、非常階段、非常出口などの場所も確認しておくのをおすすめします。

周辺施設やアクセスに配慮する

赤ちゃんを連れての旅行では、周辺施設やアクセスの便利さも考慮しなければなりません。

宿の周辺には、スーパーマーケット、薬局、病院などの施設が近くにあるかどうか確認しましょう。特に夜遅くまで営業しているドラッグストアには何度も助けられました。

コンビニやスーパーへの買い出しも子供が落ち着いている間に行けますので、営業時間も調べておくことをおすすめします。

また、公共交通機関へのアクセスが良い場所に宿を選ぶことで、移動の際の手間を最小限にすることができます。

騒音や混雑を避ける

赤ちゃんが快適に過ごすためには、静かで落ち着いた環境が必要です。宿の周りには、交通量の多い道路や騒々しい施設がないか確認しましょう。

我が子たちは、車移動中に寝たり寝なかったりで、特に周りの音に敏感に反応することはなかったのですが、月齢などによっては警戒しないといけないなとも考えられるので、気になる方は事前に調査してみることをおすすめします。

 

また、シーズンや時期によっては混雑することもあるので、予約時にその点も注意しましょう。

食事に関する配慮

赤ちゃんの食事に関しても宿選びのポイントとなります。

赤ちゃん用の食材やミキサーなどの調理設備が提供されているか、また、レストランでの赤ちゃん向けのメニューが充実しているかをチェックしましょう。

今まで宿泊した宿のほとんどは、食事の注文をしなくとも、白米やおかゆのサービスが受けられました。施設によって決まりはありますが、予約の際に電話で問い合わせることをおすすめします。

我が家の赤ちゃんたちは、レトルトのおかずを大量に買い込み、朝食や夕食に頂けるごはんと一緒に食べていました。ホテルなどの食事は大人でも多めに出されるので、子供用でもはるかに多い料理が並びます。正直、子供が間食したのを見たことがありません。

 

宿の口コミを参考にする

宿を予約する前に、口コミサイトや旅行ブログなどで他の人のレビューを確認することも大切です。

同じような条件で赤ちゃんを連れて宿泊した人々の意見や評価を参考にすることで、自分にとって最適な宿を見つけることができます。


赤ちゃんとの旅行は、確かに多くの準備と注意が必要ですが、適切な宿選びをすることで、ストレスの少ない素敵な旅行を楽しむことができます。上記のコツと注意点を踏まえて、快適で思い出に残る旅行を作りましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 子育てパパランキング

著者情報

投稿者プロフィール

末永くん
末永くん役職:父親
子供嫌いだったのに、なぜか3児の父!末永くんともうします。

1990年生まれ。東京出身。医療国家資格保持。認定心理士。児童指導員。ヘルパー二級。

福祉の仕事経験を活かし、旅行ヘルパーサポートを経験し、車椅子旅行の存在を知る。最近では保育園の保護者会、小学校のPTA関連への参加などを積極的に行う。

子育ての傍ら、子育てのこと、生活のノウハウ、為になることを発信することを目的に当ブログを開設しました。

現代では父親が育児や教育に参加することがまだまだ少なく、また受け入れる環境が整っていないと感じます。女性の負担が大きすぎるこの世界。男が育児や家事するなんて当たり前!と男女問わず基準となることが理想です。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事